Windows 10のライセンス認証時に発生するエラー0xC004E003の修正方法

アクティベーションキーに関連するWindows 10で最も一般的なエラーは0xC004E003です。 この問題に対する実用的なソリューションをご紹介します!

技術の世界では、エラーは非常に一般的ですが、より広い範囲で、ユーザーによるアクションに直接関連しています。 ただし、開発者側のエラーは、すべてのユーザーに大きな影響を与えるため、より重大になる可能性があります。

マイクロソフトはこれらの企業の1つに過ぎず、オペレーティングシステムに多数のエラーやバグが存在するため評判が悪いことで有名であり、世界中のほとんどのユーザーに軽spされています。 ただし、以前のバージョンからのすべてのエラーを考慮すべきであるWindowsの新しいバージョンを開発するとき、会社の努力に注意を払うことはできませんが、伝統によると、それらは成功せず、今では世界中の何百万人ものユーザーが段階で発生する膨大な数の問題について会社を呪いますOSのインストールとアクティベーション。

以前の出版物では、考えられる問題のほとんどを取り除く方法を既に説明しましたが、システムアクティベーションエラーを取り除くためのガイドを提供しています。

システムの新しいバージョンのリリース後の先週にわたって、プログラムのアクティベーションに関連する多数のエラーが登録されましたが、大部分は、海賊版ソフトウェアからWindows 10に更新した後にライセンスをインストールする場合に関連していました。 最も壊れた「7」と「8」であっても、ユーザーがOSの新しいバージョンへの大胆なアップグレードを許可したという事実にもかかわらず、システムのアクティベーションに関する問題は引き続き観察されています。 そして、最も一般的なアクティベーションエラーは0xC004E003です。

アクティベーションエラーソリューション:0xC004E003

  1. ほとんどの場合、単純に会社のサーバーの過負荷が存在する可能性があるため、数日待ってからシステムを再度アクティブにしてみてください。
  2. さらにサポートが必要な場合は、マイクロソフトライセンス認証センターにお問い合わせください。
  3. ライセンスステータスを自分でリセットします。
  4. キーの組み合わせ「Windows + X」を押します
  5. コマンドプロンプトを選択し、次のコマンドを入力します。slmgr.vbs-rearm
  6. キーボードのEnterキーを押します
  7. コマンドラインを終了する
  8. コンピューターを再起動します
  9. 指示に従ってプロダクトキーを入力します。

プロダクトキーを入力できない場合:

  1. Windowsキー+ Xを押します
  2. コマンドプロンプトを選択し、次のコマンドを入力します。

    現在のプロダクトキーを置き換えるVBS -ipk xxxxx xxxxx-xxxxx-xxxx-

    xxxxx xxxx-xxxxx-xxxx —暗号はプロダクトキーです

  3. キーボードのEnterキーを押します
  4. コマンドラインを終了する
  5. コンピューターを再起動します
  6. 電話で再度有効化してみてください

これらのヒントを試して、役立つかどうかをお知らせください!

興味深い記事